ビール酵母による植物活性化作用

「ビール酵母細胞壁」で田畑のコストダウンに貢献

ビールの製造工程で回収された酵母の菌体は、細胞の中身に当たる酵母エキスが取り出されます。残った細胞壁には45~65%のβ-1,3-1,6-グルカンという成分を含んでいます。β-グルカンはキノコやカビなどにも含まれ、人もキノコ類を食べると免疫機能の
向上が得られることが広く知られています。β-グルカンとは、簡単に言えば砂糖の一種であるグルコース(ブドウ糖)が鎖のように
沢山繋がった巨大な分子で、ところどころに側鎖と呼ばれる短い鎖が付いた構造をしています。

酵母細胞壁にリンとカリウムを加えて高温・高圧処理すると、鎖の一部が切断され、分子量が小さくなったβ-グルカン(断片)が
生成されます。

ビール酵母による植物活性化作用

ビール酵母による植物活性化作用

酵母細胞壁を構成するβ-グルカンの断片を認識して、病原菌に感染したと勘違いをおこします。そのことが、様々な植物生理を活性化させ、根の生育を飛躍的に向上させます。

ビール酵母による植物活性化作用

「ビール酵母細胞壁」で田畑のコストダウンに貢献

「農作物増産」「化学農薬削減」「環境変化に強い」「温室効果ガス排出量削減」など
人生100年時代、人々の健康にお役立ちします!!