カルスポリン

飼料添加物

A飼料
カルスポリン
カルスポリン

家畜の腸内菌叢を最適化する
プロバイオティクス(生菌剤)「カルスポリン」

腸内有用菌を増やす飼料添加物「カルスポリン」

  • 「カルスポリン」は、枯草菌(バチルス サブチルスC-3102株)を有効成分とする、鶏・豚・牛用の飼料添加物です。
  • 1995年に牛用・豚用、1996年には鶏用として、増体向上や飼料要求率改善等、生産性の改善
    効果が認められ飼料添加物に指定されました(バチルス サブチルス(その2))。
  • 「カルスポリン」を適量、毎日給与すると家畜の腸内有用菌が増加します。哺乳類の場合は
    ビフィズス菌と乳酸菌が、鶏の場合は乳酸菌が優勢菌になります。
  • 「カルスポリン」は枯草菌を芽胞状態で製品化しているため熱に強く、ペレット加工などにも
    対応可能な、安定性の高い製品です。

商品形状

バチルス サブチルス C-3102株(コロニー)

「カルスポリン」の作用

  • 「カルスポリン」を毎日適量給与すると、腸内の有用菌が増加し、腸内菌叢が最適化します。
    これによって「増体の促進」「飼料要求率の改善」が期待でき、生産性の向上につながります。


「カルスポリン」について