主な受賞について


地球環境大賞

「産業の発展と地球環境との共生」をめざした顕彰制度として世界自然保護基金(WWF)ジャパン(名誉総裁・秋篠宮殿下)の特別協力を得て創設。持続可能な社会の実現に寄与する技術・製品開発、環境保全活動・事業の促進、地球環境保全に対する意識の一段の向上を目的としている。

  • 主催:フジサンケイグループ
  • 後援:経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、一般社団法人日本経済団体連合会

「第24回 地球環境大賞 農林水産大臣賞」受賞

微生物資材『サーベリックス』による循環型農業プロセスの開発

 焼却処分されていた食品廃棄物について、枯草菌C-3102株を含有する微生物資材「サーベリックス」を用いた微生物発酵によって95%以上の減量率で減量化し、好気性菌による高温発酵によって良質な堆肥の作製を実現、その堆肥を農地に施用することで作物生産における収量増加を期待できる―という循環型農業の推進技術を開発した。

 サーベリックスによる微生物発酵技術の普及が進むことで、減量化により食品廃棄物の焼却・埋立て処分量が削減されるとともに、堆肥を使用した有機農業が推進されることで循環型社会の形成に貢献し得る。実際、カット野菜工場から排出される野菜屑等の食品廃棄物をサーベリックスで95%以上の減量率で減量化しできた堆肥を農地で使ったところ、ダイコンは51%、ニンジンは43%、収量が増加した。

 本技術は、微生物による発酵技術を利用したものであり、高度な機器等を使用しないため、技術的な障壁は低く、アジア・アフリカ等の発展途上国においても、容易に導入され得るものと考えられる。

「第25回 地球環境大賞 農林水産大臣賞」受賞

酵母細胞壁が植物の生理活性を向上させる機能の発見から新たな農業資材を開発

ビール酵母細胞壁を活用した農業資材を植物に施用すると、

1農作物の増産に大きく寄与する

2化学農薬の使用回数を削減することが可能となる

3日照不足などの悪環境下でも安定した農作物生産ができる

4収穫量あたりの温室効果ガス排出量を削減する

ことにより、地球温暖化防止や持続可能な循環型社会の実現に貢献することが期待できる。

第2回 エコプロアワード 農林水産大臣賞受賞

ビール醸造の副産物を高機能化した「酵母細胞壁」資材による持続可能な農業への貢献


大臣賞 名称 会社名、事業所名
農林水産大臣賞 ビール醸造の副産物を高機能化した「酵母細胞壁」資材による持続可能な農業への貢献 アサヒバイオサイクル株式会社

「第47回 環境賞 環境大臣賞」受賞

ビール醸造副産物を用いた環境保全型植物生産技術


環境賞

環境に対する社会的関心を高めることを目的として1974年に創設された表彰制度。
環境保全や環境の質の向上への貢献が認められる調査、研究、技術開発、実践活動 などにおいて成果を挙げた個人、法人、団体等を表彰している。

  • 主催:国立研究開発法人 国立環境研究所
    株式会社日刊工業新聞社
  • 後援:環境省

 ビール醸造副産物である「酵母細胞壁由来の農業資材(肥料)」は、植物に与えると植物本来の免疫力を高め、また土壌を還元することにより有用菌優勢の微生物叢に変化させるという2つの効果を持った農業資材である。食品由来で安全・安心であること、植物の免疫を高めることによる病気への耐性の強化、収穫量の増加、土壌の改善などにより農作物の品質が向上するとともに、収穫量あたりの温室効果ガスの排出量が削減され持続可能な農業に貢献できることなどが実証されている。

 本技術は国内外における安全・安心で持続可能な植物栽培への貢献している点などにおいて高く評価された。