環境活動について

環境活動への取り組み

アサヒバイオサイクルでは、自然の恵みである生物資源を活用して事業活動を行っております。

このため、地球環境への貢献は企業としての当然の責任と捉え、環境基本方針を定めるとともに、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築しています。

基本理念

私たちは、「自然の恵み」がもたらす独自の機能性素材やその活用技術が、事業活動の根幹であることを自覚し、健やかな地球環境を次世代に残していくことを責務と考え、行動していきます。

行動指針


環境マネジメント体制

アサヒバイオサイクルでは、環境マネジメントシステムに関
する国際規格であるISO14001を基盤とした環境マネジメント
システムを構築しており、認証を取得しています。
このシステムを効果的に運用するため社長を最高責任者と
して、経営会議の下に品質・環境委員会を組織し、環境に関
する指標などを定期的にレビューすることで、地球環境にやさしい商品開発に繋げています。
また品質と環境を同時にレビューすることで両方の視点に
立った改善を進めてまいります。

品質マネジメント体制

アサヒバイオサイクルにおけるISO14001認証取得の対象範囲(2020年4月1日現在)
飼料添加物、飼料、堆肥化促進材及び健康食品の開発、販売及び製造管理

環境トピックス

ISO14001推進担当者会議の開催

四半期に一度の頻度で開催する会議では、活動報告、レビューを行い
ます。
環境活動が計画通り滞ることなく実施されているかチェックします。

ISO14001推進担当者会議の開催

環境内部監査員研修

外部講師を招きISO14001(2015)について講習を行いました。実務経験を
経て監査員資格を取得します。年一回、訓練を受けた環境内部監査員に
よって相互監査を行います。

環境内部監査員研修

本社周辺・渋谷駅前清掃活動

本社(東京都渋谷区恵比寿)周辺の清掃活動には本社勤務のほぼ全社員が参加しています。工場のある館林(群馬県)でも独自に清掃活動を実施しています。また、渋谷区主催の清掃活動(渋谷の日とハロウィン後)にも積極的に参加しています。

本社周辺・渋谷駅前清掃活動

本社周辺・渋谷駅前清掃活動

本社周辺・渋谷駅前清掃活動

本社周辺・渋谷駅前清掃活動

社員食堂での生ごみリサイクル

本社があるアサヒグループカルピス恵比寿ビルでは、アサヒグループ独自の枯草菌バチルスサブチルスC-3102株を成分とする微生物由来の堆肥化促進材「サーベリックス」を活用した生ごみの堆肥化装置を導入しています。
社員食堂で発生する生ごみや食べ残しなどを堆肥化することで、生ごみの廃棄ゼロを実現すると共に、生ごみの運搬・焼却処理により発生する二酸化炭素排出量の削減にも貢献しています。最終的にできた完熟堆肥は農家へ提供し、農作物栽培に利用されています。

社員食堂での生ごみリサイクル